このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーインダストリー株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

リコーインダストリー、「プラチナくるみん」認定を取得

2019年10月12日
リコーインダストリー株式会社

リコーインダストリー株式会社(神奈川県厚木市、社長執行役員 戸倉正)は、厚生労働省神奈川県労働局長より改正次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定企業として、令和元年9月10日に「プラチナくるみん」の認定」を取得しました。

この「プラチナくるみん」認定は、子育てサポート企業として従来の「くるみん」の認定を受けた企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が受けることができる認定制度で、平成27年4月1日に新設されました。リコーインダストリーは神奈川労働局管内では10社目の「プラチナくるみん認定企業」として認められました。リコーグループとしては4社目の認定となります。

リコーインダストリーではワークライフ・マネジメントの実現に向けて、多様な人材が活躍できる、やりがいのある職場環境の整備に積極的に取り組んでいます。なかでも、男性の育児休業取得率(行動期間内の男性育休取得率39%)や多様な働き方を可能にする新たなフレックスタイム制度「エフェクティブ・ワーキングタイム制度」の導入、さらに支援休暇制度の改正(失効年次有給休暇を年間5日まで、最大20日まで積み立てられるようにし、対象者も拡大)などが評価され、このたびの認定につながりました。

画像:プラチナくるみんマーク
プラチナくるみんマーク


画像:認定通知書交付式
同10月7日 認定通知書交付式で、神奈川労働局長 萩原俊輔 様(右から二番目)より認定書をいただきました


「プラチナくるみん」について
https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/pdf/kurumin_20141202.pdf

<関連リンク>厚生労働省神奈川県労働局 [フォトレポート]
https://jsite.mhlw.go.jp/kanagawa-roudoukyoku/content/contents/000522911.pdf